LAAXジャーナルでは、スイスにあるスノーリゾート【LAAX(ラークス)】からスノーボードや生活の様子をお伝えします。      
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
+++BEO ハーフパイプ男子セミファイナル+++
男子ハーフパイプセミファイナル、ここからインビテーションライダー(招待選手)も加わり、世界最高レベルの戦いが繰り広げられます。
P1030716.jpg

会場もパワーアップし、大型モニターが設置され、出走選手のライディングはもちろん、トリック名、得点などが映しだされます。

P1030717.jpg

日本からは、オリンピック日本代表・USオープン覇者の國母和宏がインビテーションライダーとして登場。
P1030726.jpg

アーリーウープからのルーティーンで、余裕の4位でファイナルに進出です。
LAAXジャーナルでもお伝えした、前日のフレディのパーティーで楽しみ過ぎたワックスマンが遅刻するというトラブルも、なんなくクリア。

前回のBEOでスロープスタイル・ハーフパイプ共に優勝のピート・ピロイネンとも余裕の笑顔!
P1030719.jpg

15日の決勝が楽しみです!
▲TOP
+++BEO ハーフパイプ予選+++
連日お伝えしているBEO(BurtonEuropeanOpen)、本日は男女ともにハーフパイプの予選が行われました。

男子は予予選を勝ち抜いた原田尚輝(ALLIAN、DEELUXE、UNION、REW、DEATH GLOVE、RAGE EYE INTERFACE、recs、PROTY)
女子は、石田ちよ(NOVEMBER、NIKITA、CELTEK、PROTY)、谷田春香(NOVEMBER、NIKITA、PROTY)、山本真知子が出場。

競技は女子からスタート!
DSC_6968.jpg
2年連続UPIスイスツアーに参加、昨年に続きBEOへエントリー!
LAAX⇒日本という2シーズンを過ごし、毎シーズン着実にレベルアップしています。

DSC_7014.jpg
UPIスイスツアー同行ライダーの谷田春香。
2年前はアマチュアでお客様としてツアーに参加していましたが、UPIスイスツアーを経てJSBA公認プロに昇格。
今回はプロスノーボーダーとして2年ぶりにBEOにエントリー!

DSC_7117.jpg
同行ライダーの石田ちよ!今回で4年連続のエントリー。

女子の予選が行われたあとは、公開練習をはさんで男子の予選がスタート。

DSC_7368.jpg

同行ライダーの原田尚輝。予選の選手中もっとも高いエアターンに、カメラマンもシャッターチャンスを逃しません。

予選通過はなりませんでしたが、昨年より進歩した滑りを見せてくれました。


No Name Cafeに休憩に行くと、同行ライダーの三輪明子がBEOのスタッフから封筒を受け取っていました。

DSC_7554.jpg

中身は、ランチチケットやビールチケット、そしてスペシャルディナーへの招待状が入っています。
前回のBEOで3位だった三輪さんは、BEOのインビテーションライダー!
VIP待遇のインビテーションライダーは予選免除なので、より万全な状態でセミファイナルを戦うことができるのです。

まだまだ続くBEO、引き続きレポートさせて頂きます!

▲TOP
+++BEO(BurtonEuropeanOpen)ハーフパイプスタート+++
本日より、BEOはハーフパイプがスタート。
まずは男子・予予選、UPI同行ライダーの”原田尚輝(ALLIAN、DEELUXE、UNION、REW、DEATH GLOVE、RAGE EYE INTERFACE、recs、PROTY)”が出場。
P1030666.jpg
一本目は持ち前の高さのあるエアターンからのルーティーン。
P1030660.jpg
二本目は900°から始まるルーティーンで攻め、見事87ポイントを獲得!
特典は、スロープスタイルの時と同じくスタート台周辺に設置されたパソコンで確認可能。
P1030668.jpg
二本目のランの得点で、最終的にヒートの中で3位になり明日の予選にコマを進めました!

予予選後の公開練習には、Burtonライダーの國母和宏や、ピート・ピロイネンなどのインビテーションライダー(招待選手)もライディングしており、セミファイナルが楽しみになるようなハイレベルなトリックが繰り出されていました。

BEOは競技はもちろん楽しみですが、ゲレンデ全体がフェスの様に色々デコレーションもされるのも楽しみの一つです。

フリースタイラー達の憩いのCAFE”NO NAME”の上には、BEOのスポンサーである”MINI”のショールーム?が出現。
P1030617.jpg

中にはMINIのニューモデルが展示してあり、ここが標高2000mの雪山の上とは思えない空間です。

P1030619.jpg

驚くことに車両の展示だけでなく、LAAXのベースタウンで隣町まで試乗も可能!
スノーボードの大会で、車に試乗もできるなんで流石はBEO!規模が違いますね!!
▲TOP
+++BEO(Burton European Open)スロープスタイルスタート+++
先日もお伝えしたBEO(Burton European Open)のスロープスタイルが本日よりスタート!

UPIスイスツアー同行ライダーからは、
岡本圭司(VOLKL、FLUX、DEELUXE、IS-DESIGN、CELTEK、BROKKORY、KSK、HYWOD、PROTY)”
"藤田一茂(HEAD、UNION、FUNBOX、WAKE RIPS)"
のTeam HYWOD2名がエントリー!
CIMG0582.jpg

出走直前、テクノミュージックでノリノリの岡本圭司選手。

コースは、レールやボックスやウォールなどのジブコーナーから始まります。
P1030575.jpg

次のアイテムはBEOではおなじみですが、他のスロープスタイルの大会ではあまり目にしないクォーター。
P1030570.jpg

最後は3連キッカーでフィニッシュ!
P1030571.jpg

ジブ・アール・キッカーと、全ての要素が詰め込まれたコースレイアウトになっています。

点数はリアルタイムでスタートゲート近くに置いてあるノートパソコンでチェック可能!

CIMG0586.jpg

これにより、高得点の出やすいトリックの傾向や、自身の一本目のランの点数もすぐ確認できるので、作戦が立てやすくなります。
どの様なルーティーンを組むのか、より高度な駆け引きが繰り広げられます。

CIMG0578.jpg

同じく、スタートゲート付近にはライダー専用のテントが設営されています。

CIMG0579.jpg

中にはBEOのスポンサー”MONSTER ENERGY”や、コーラ等のドリンクやスープ、フルーツまで用意されています。

岡本、藤田選手ともにいいランディングを見せてくれました。
P1030607.jpg
岡本圭司

P1030645.jpg
藤田一茂

結果は残念ながら予選敗退でした。
明日からは男子ハーフパイプがスタートします。
こちらでレポートいたしますので、よろしくお願いします。
▲TOP
+++BEO(BurtonEuropeanOpen)公開練習スタート+++
毎年、UPIスイスツアー期間中に開催されるスノーボードの世界最大規模の大会”BEO(BurtonEuropeanOpen)”。ツアー同行ライダーだけでなく、ツアーに参加して頂いているお客様も大会への参加が可能です。※詳しくはお問合わせ下さい。

本日より、BEOのレジスト&公開練習がスタート!
ゲレンデ周辺のあちらこちらに、BEOの案内板が配置されています。
IMG_1230.jpg

まずはレジストを行う為にRACE OFFICEへ。
IMG_1234.jpg

今回UPIスイスツアー同行ライダーからは、
写真の”岡本圭司(VOLKL、FLUX、DEELUXE、IS-DESIGN、CELTEK、BROKKORY、KSK、HYWOD、PROTY)”
原田尚輝(ALLIAN、DEELUXE、UNION、REW、DEATH GLOVE、RAGE EYE INTERFACE、recs、PROTY)”
石田ちよ(NOVEMBER、NIKITA、CELTEK、PROTY)”
谷田春香(NOVEMBER、NIKITA、PROTY)”
そして昨年のBEOで3位に輝いた”三輪明子(ALLIAN、HEAD、FONICA、DEATH LABEL、SMITH)の5名が、ツアーに参加して頂いてるお客様からは、山本真知子の1名がエントリー!
IMG_1236.jpg

今年さらに高くなったハーフパイプのスタート台。

IMG_1261.jpg

完璧にシェイプされたハーフパイプへフルスピードでドロップイン!今年はさらなるハイエアーが期待できます。
IMG_1265.jpg

スロープスタイルのレイアウトはジブエリアから始まり、
IMG_1253.jpg

ステップダウン⇒ステップアップ⇒ステップダウンの3連キッカー
IMG_1245.jpg

今年は昨年にもまして、ワールドレベルのライダーが世界各国から集まってきます!
どんなライディングを見せてくれるのか楽しみです!!!
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。